FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信

自信1
自信…
それは、たくさんの時間を費やしてきたという事実から…




自信2
自信…
それは、何度も繰り返し努力をしてきたという思いから…




自信3
小さな小さな積み重ねが…いつか大きな大きな山となり…
自信に変わっていく




自信5
それは…他人が決めるのではなく、自分で決めること…
「自己満足」ではなく「自己納得」




自信6
「過去の自分」と「今の自分」
その時々で「自己納得」できる落としどころを見つける…




                                      縛り手:獅子若 氏
                                      受け手:朝倉さやか
                                      撮影者:ZEPHYR 氏
                                      撮影日:2015.07.10
                                      於:ブラック・パール さん
     




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

“縄”との出会い(完)

縄の扉を開いて…    


人生初の吊り体験をさせていただき、満足した私でした。

ただ、一番気になっていたこと…心配していたこと…

「実は明後日、サンジさんという方に獅子縄会のサロンに連れて行っていただくことになっているんです。」
『サンちゃん!昨日も北海道で呑んでいたよ~。』
「え?流派とか派閥とかがあるんじゃないんですか?」

私のイメージでは、縄の世界には茶道みたいな流派があって、
このサークルに参加するとここには参加できない…みたいなルールがあると思ってました。
でも、
『縄を好きな人たちがみんな協力して盛り上げていこうという空気だから、楽しんできたらいいよ。』
と、風見さんの笑顔に背中を押していただき、(風見さんの楽しい企みもありましたが…(笑))
4月29日、獅子縄サロンに参加しました。



その後…
びっくりするほどの急展開…。

4月27日に大阪の事務所で風見さんとの出会い…
2日後の4月29日には獅子縄サロンに参加させていただきました。
そして…5月3日に風見さんが「kobeさぁるーむ」さんに行くとのことで、連れて行ってもらい…。
翌日…5月4日。
風見さんを含む、縄の世界での有名な方3名が開く渋縄会に参加。

一週間のうち4日も縄に触れあう機会を頂きました。(笑)




学生の頃は全く別世界だと思っていた縄の世界。
単なる体験だけしたくて覗いた世界。
結局…
そんないきさつで、
今も「縄なわna生活」を送っています。


たくさんの方々とのご縁で、「縄」という新しい世界に出会えたこと、感謝しています。
これからも、どうかよろしくお願いします。









“縄”との出会い6

3度目の縄との出会い    


縄会の参加日程が決まったそんな時、
「SMサークル「M's」に登録していたから、縄会に参加することを風見蘭喜さんに知らせなきゃ…。」
と風見さんに電話。

『今、北海道から帰ってきて関西空港にいるから、今日の夕方でも大阪の事務所においで!』
「わかりました!行きます!!」

この会話…。
あれだけ、尻込みしていた私と思えない即答…(笑)
あの勇気は今の私から見ても未だに謎なんです。
勢い?風見さんパワー?(笑)

風見さんの大阪の事務所で、
今までの縄の経験、縄に対するイメージ、自分の希望…など話して…

『よく、一人でこの事務所まで来たね~。行動力あるよね.』
「い…いえ…。自分でもびっくりしてます…。」
『じゃ、吊りを希望しているなら、体験してみようか~。』

と人生初の、そして念願の?吊りを経験しました。



4出会い
これが今の私の原点“2014年4月27日”でした。


風見さんが
「は~い、“アルプスの少女ハイジで~す。”」
前後に揺らして、ブランコにしてくださり(笑)大爆笑してしまったのを覚えています。


続く…。(更新はそのうちに…)





“縄”との出会い5


縛り手さんとの出会い    


1月に緊縛体験を終え、
どうしても「緊縛=吊り」のイメージが捨てきれなかった私…。

「吊りを一度だけ経験しよう。そして、縄の世界を通り過ぎよう。」

そんなことを思って、縛り手さんと連絡を取り始めました。


まず、『緊縛モデル募集』の言葉を見なかったことにして…(笑)
獅子若さんと宙知サンジ さんに連絡。
そして、風見蘭喜さんのSMサークル「M's」に登録。

『緊縛モデルはできませんが、吊りだけ経験したいんです!』

今から思うととんでもないアポの取り方…(笑)。
でも、みなさんとても親切に、
HPで縄会の日程を発表していることをお知らせしてくださったり、
詳しく縄会の内容と日程を毎月メッセージしてくださったり、
話しが聞きたいから、連絡して欲しいとメールを送ってくださったり…。
私が思い描いていた「縄師さん=怖い、やくざさん?」のイメージが消えていったのを覚えています。

そこから、悩むこと…尻込みすること…一歩踏み出す勇気がないこと…3ヶ月!(笑)

宙知サンジ さんとの日程調整ができ、
4月29日、獅子縄会のサロンに参加することが決まりました。


続く…。(更新はそのうちに…)




支え合う

支え合う3
“木を見て森を見ず”っていうけど…


でも…




支え合う2
一つ一つの小さなパーツが組み合わさって
一つの大きなものができている…





支え合う1
何か一つが欠けても





支え合う4
アンバランスになって…
その周りのものが倒れ…


全体が崩れる




支え合う5
寄り添い合って生きている…



そんな感じ。




                                      縛り手:里見琉弥 氏
                                      受け手:朝倉さやか
                                      撮影日:2014.09.20
                                      於:kobe さぁるーむ さん
                                      




身を委ねる

委ねる1
縄の世界にいる時の何気ない会話
縛り手さんの気持ちが伝わってくる…




委ねる2
縛り手さんも目を見て
どんな縛りをするのか、限界はどこかを見極めるという




委ねる3
「信じて委ねる」
「信じて頼る」

縛り手さんにも…
縄にも…
自分のコンディションにも…




委ねる4
「信頼」

信じることができるからこそ…
自分の全てを委ねることができる




                                      縛り手:風見蘭喜 氏
                                      受け手:朝倉さやか
                                      撮影日:2015.01.18
                                      於:丞夜倶楽部さん


喪失感

喪失感3
そばにある時はわからない…
そばに居てくれる時は気づかない…




喪失感1
失って初めて気づく
それがそばにあるということの大切さ…




喪失感2
でも…本当は…
失った訳でなく、元にもどっただけ…

ただ…
「心が贅沢になった」
それだけのこと。




                                      縛り手:里見琉弥 氏
                                      受け手:朝倉さやか
                                      撮影日:2015.06.13
                                      於:kobe さぁるーむ さん
                                      


コントラスト

コントラスト1

赤 と 緑
真逆の色だけど
お互いがお互いを引き立て合う…



コントラスト2

「男」と「女」
「光」と「影」
「S」と「M」 




コントラスト3

どちらも大切で…必要なもの…


両方揃って初めて輝きを放つ



                                      縛り手:素戔あゆみ 氏
                                      受け手:朝倉さやか
                                      撮影日:2015.08.07
                                      於:kobe さぁるーむ さん
                                      




プロフィール

朝倉さやか

Author:朝倉さやか
「緊縛=芸術」 縄の息づかいを感じながら…ショーを見たり、縛られたりするが大好き。…身も心も縛られたい…。自分の全てを解放したい…。これからもたくさんの経験を積んでいきたいと思います。よろしくお願いします。 Since 2014/04/27  BY Sayaka.Asakura

最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。